.ファンデーションの正しい知識2

ここではベースメイクに関するあれこれについて紹介しています。
皆さんもこのベースメイクについては普段からこと細かく行なっているかと思います。ベースメイクにもいろいろな物が必要ですが、このベースメイクに欠かせないものの一つがファンデーションです。現在これをご覧の皆さんも必ずやこのファンデーションを持っていて、普段からファンデーションを大変重宝していることでしょう。幾つかのファンデーションを持っていて、それらを併用しながら使っているのではないでしょうか。
ですがこのファンデーションにも正しい選び方、正しい使い方といったものがあります。皆さんはこういったファンデーションに関する事柄を御存知でしたか。もしファンデーションを正しく選んでいなかったり、或いはファンデーションを正しく使っていなかったら、折角のベースメイク、及びファンデーションの効果も半減してしまうことになります。従ってファンデーションは是非とも正しく使いこなしたいものです。そのことがベースメイクを正しく行なう第一歩にもなるのです。
ここではベースメイクに欠かせないファンデーションについて紹介します。というにもファンデーションはその使い方が難しく、ファンデーションを正しく使いこなしていない人が殊のほか多いからです。従って皆さんも以下で紹介する内容をよくご覧になって、是非とも正しいファンデーションの使い方、選び方等をマスターしていただきたいものです。
皆さんはこのファンデーションを正しく使用していますか。というのも、ファンデーションの適量と言われている量では足らないと思い、実際には適量よりも多めに塗っている人って意外と多くいるものなのです。それでは何故ファンデーションが足りなくなるのでしょうか。ファンデーションが足りなくなる原因、それは実はファンデーションの塗り方に隠されているのです。

ファンデーションの塗り方でよく知られているのは、リキッドやクリームのファンデーションを基礎化粧品と同じように塗る方法です。最初にファンデーションを顔の全箇所に置いてから、それから各部分ごとにファンデーションを広げていくという方法です。こうやってファンデーションを塗る場合に、最初にファンデーションを伸ばす部分は問題ないのですが、おいておかれた他の部分に関しては、ファンデーションはかなりのスピードで乾いていきます。乾いてしまったファンデーションは伸びがどんどん悪くなっていきます。その結果「ファンデーションが足りない」。「もう少しファンデーションを。」と考えてファンデーションを足してしまうことになるのです。実際にはファンデーションは足りているのに、足りないと思ってファンデーションを追加してしまう、その原因はファンデーションの性質、及びファンデーションの塗り方にあるのです。

『コスメ』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/pocxfdb9/public_html/foundationnotadashiichisiki2.html on line 55